大阪エリアの各社バイク便の料金体系

大阪エリアでバイク便を依頼した際の相場。

2036383f952a47c11121216e81d9576d_s

「配送時間はとても速いが、配送料金は高い」というイメージがあるバイク便。

「利用したいけど、料金が気になる」という人のために、主なバイク便業者の配送料金を比較しました。

ただし、関東エリアと関西エリアとでは料金が異なりますので、ここでは関西エリアのバイク便業者をピックアップします。

 

【A社】


1~2kmまで1,600円。それ以降、1km増えるごとに200円加算されるシステムです。


例えば、15kmだと4,200円です。ただし、これは片道の料金ですので、

往復の場合(荷物を渡し、代わりに別の荷物を受け取ってくるような場合)は2倍の料金となります。


18時30分以降は割増料金が発生し、20時までは20%増し、20時以降、翌朝の8時までは50%増しです。

日曜・祝日は終日50%の割増料金がかかります。


ライダーに有料道路を使用させる場合は実費負担で、荷物の引き取りなどに待機時間が生じた場合、

10分につき400円の追加料金がかかります。

 

【B社】


1kmまで1,200円、2~4kmまで1,800円、それ以降、1km増えるごとに加算されるシステムです。

例えば、15kmだと4,000円です。ただし、これは片道の料金ですので、往復の場合は2倍の料金となります。


19時以降、翌朝の8時まで30%の割増料金がかかります。日曜・祝日は終日30%の割増料金がかかります。


ライダーに有料道路を使用させる場合は実費負担で、荷物の引き取りなどに待機時間が生じた場合、

15分につき500円の追加料金がかかります。

 

【C社】


0~4kmまで2,000円、それ以降、1km増えるごとに200円加算されるシステムです。

ただし、これは片道の料金ですので、往復の場合は2倍の料金となります。


このC社の場合、荷物の集荷先と配送先が大阪市内6区(北区・中央区・西区・天王寺区・浪速区・福島区)

内であれば、1,500円で配送してくれるようです。

9時~18時の間以外の配送については割増料金が発生し、

8時~9時までと18時~19時までが

20%増し、7時~8時までと19時~20時までが30%増し、

6時~7時までと20時~21時までが40%増し、

21時~翌朝6時までの間が50%増しです。

また、日曜・祝日も終日30%の割増料金がかかります。

ライダーに有料道路を使用させる場合は実費負担で、荷物の引き取りなどに待機時間が生じた場合、

15分につき500円の追加料金がかかります。

 

【D社】

0~5kmまで1,800円、それ以降、1km増えるごとに160円加算されるシステムです。


例えば、15kmだと3,500円です。ただし、これは片道の料金ですので、

往復の場合は2倍の料金となります。


9時~18時までの間以外の配送については割増料金が発生し、

7時~9時までと18時~20時までが20%増し、

20時~24時までの間が30%増し、

午前0時~7時までの間が50%増しです。

また、日曜・祝日も終日50%の割増料金がかかります。


ライダーに有料道路を使用させる場合は実費負担で、荷物の引き取りなどに待機時間が生じた場合、

10分につき500円の追加料金がかかります。

紹介した以外にも、各社ともに割引サービスやオプションサービスがありますので、

用途や距離に合ったバイク便業者を選択しましょう。

関連記事

バイク便ライダーの御自慢バイクはどんなもの?

719a51ce84ea2d058046863c8c0e4ee2_s

バイク便ライダーもおすすめの車種は? バイク便ライダーが使用しているバイクは、多くの場合ネイキッドタイプです。 最近はオートマチックのビッグスクーターに乗る人が増えていますが、 トランクボックスを取り付けなければならない […]

詳細を見る

みんなの憧れ!?バイク便ライダーになろう!!

バイク便募集

バイク便ライダーになるためには。 ライダーやバイカーなら、一度は夢見たことがあるバイク便ライダー。 好きなバイクに一日中乗ってるだけでお金がもらえるなんて、最高の仕事ですよね。 「最近、仕事ばっかでバイクに乗ってないなあ […]

詳細を見る

バイク便の賢い使い方

バイク便のメリット

バイク便はどういう時に使うとお得かご紹介! 「バイク便ってよく耳にするけど、どういうときに使えばいいのかわからない」と思っている方はいませんか?また、インターネットで大容量のデータも瞬時に送れるようになった現在、バイク便 […]

詳細を見る