【JR西宮駅-虹駅】2100円!

絵の具の配達をバイク便で代行。

 バイク便で文具

 

今回の依頼は廃墟マニアの奥さんからのもので、夫が有名な廃墟近くへ趣味のイラスト制作のために

行っているそうだが、絵の具が切れてしまったので、至急絵具を奥さんに届けてほしいと頼んだが、

家の用事があり動けないと夫に伝えたところ、バイク便に依頼して欲しいとなったそうだ。

 

大阪市北区からJR西宮駅方面へ。

 

今回の集荷場所はJR西宮駅から15分くらい進んだ先の住宅街だ。

大阪市北区で1件の配達依頼を終えたばかりだったが、直ぐに向かうことになった。

一旦、尼崎方面へ向かうことにした。

加島を通り過ぎて行く。この駅の近隣には十三駅がある。大阪の飲み屋街としてかなりディープな街として知られており、

女性一人で夜を歩くと危険がつきまとう。

以前、バイク便の業務が終わってから飲み屋に寄って帰る際に、風変わりな男性に声をかけられている女性の姿を何度か見た。

知らない人が訪れると大変だろう。

そんなことを考えつつ進んでいく。相変わらず車の通りが多い。神戸方面を目指す車でいっぱいだ。

信号にも何度かつかまったが、何とか西宮駅に着いた。相変わらず大きな駅ということもあり、周辺も賑わっている。

ここからさらに進む。

住宅街に入り、マンションに着いた。オートロック機能付きの自動扉の側には各部屋に連絡するための

インターフォンが設置されていた。

部屋番号を入力しコンタクトを取る。直ぐに扉を解錠してもらい中に入って部屋へ向かう。

荷物の絵の具を預かり、早速、虹駅へ向かうことにした。

 

摩耶観光ホテルへ。

 

廃墟好きにはあまりにも有名な施設が摩耶観光ホテルだ。

ケーブル会社の福利厚生施設として誕生したが、1970年に閉館されて以来、取り壊されず廃墟となった。

アールデコを思わせる建築が目を引く施設で、現在は経年劣化により床が抜けてしまう程にもなっているようだ。

山の中に立っており、周辺は草木が生い茂っていて、朽ち果てた建物とのコントラストがマニアを引き付ける要因の一つ

になっている。

通称、マヤカンと呼ばれており、普段は老朽化が激しいため立ち入り禁止となっているが、今年の12月には摩耶山や

周辺地域の活性化のためにも、ハイキングイベントを通じて近くまで見学が可能になるようだ。

そして今回、依頼主の夫は、どうやらそのマヤカンをイラストとして画用紙に収めるべく、出向いているようだ。

西宮駅から国道2号線を利用して東灘方面へ進む。

 

山を登り虹駅近くのマヤカンへ。

 

灘区弓木町まで来たところで信号を右折して北へ進む。

県道95号線を進み、高羽の交差点を左折。

普段、バイク便の依頼を受けてこうして運転をしていると周りにも同業他社のバイクが走っているのを見るが、さすがに

マヤカンへ荷物を届ける依頼は少ないのか、今回はほとんど見かけない。

護国神社前の交差点を右折してさらに北へ。

大石を超えて山道を進み、目的地の虹駅付近の摩耶観光ホテルに到着した。

しばらく進んだところで、筆を持った男性が見えたので声をかけたところ、やはり依頼主の夫だったようだ。

直ぐに荷物を渡して、受領印を貰った。絵の具を持ってきてくれた感謝の言葉と共に、廃墟の魅力についても語ってくれ

ていたが、次の依頼が来ていたのでマヤカンを後にした。

 

集荷場所:兵庫県西宮市

配送先:神戸市灘区

配送所要時間:40分

距離:14km

配達料金:2100円(3100円⇒キャンペーン価格2100円)

 

 

関連記事