【江坂駅-枚方市駅】2295円!

江坂駅と枚方駅周辺の企業間の書類の配送代行。

 

クリアファイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の依頼者は江坂駅周辺に事務所を構える企業で、

枚方駅周辺にある工場に書類の配送をして欲しいという内容だった。

早速江坂駅に集荷に向かった。

高速を使うと時間がかかるため、下道で行くことにした。

 

江坂駅からすぐの場所で集荷。

 

昼前なのでこのビジネスビルが多い江坂周辺での人影は少ない。

駅からバイクで5分も経たないところで集荷場所のビルが見つかった。

早速事務所にうかがい、荷物を預かる。

今回は書類ということで、封筒1部だけだ。

トランクボックスに入れて出発する。

集荷後、国道479号線に入り、まずは吹田方面へと向かう。

進んだ先、坂を下ったところで右手にいつも見かけるアサヒビールの吹田工場が見えた。

何度見ても仕事終わりの一杯を思い出させる。

だが、今日の仕事はまだ始まったばかりだ。気を取り直して配達を続ける。

雪でも降りそうなくらいの天気の中、吹田の街を一気に駆け抜けていく。

道祖神社周辺を右折しバイクならではの路地ルートを進んでいく。

民家などが密集するエリアを抜けて時間短縮を狙っていく。

右手に倉庫が見えてきた。予定していたルートに間違いはないようだ。

 

 

江坂周辺

 

 

 

 

目印の酒店を右折してさらに細い路地へ。

 

細い路地

 

 

 

 

 

しばらくこの細い道が続くようだ。

目の前を行く車は対向車に苦戦している。

大型のワゴン車などはすれ違うことができるのだろうかと疑問に思うくらいの狭さだ。

 

3

 

 

 

 

 

この道を抜けた先で、府道14号線に入る。

一気に車の通りが増えた。

脇にはファミリーレストランも見える。

普段から交通量が多いことが店の形態からうかがえる。

ここからしばらく直進が続く。雨が降ったり止んだりとする中、注意して進んでいく。

 

高槻市周辺の目的地へ。

 

西面大橋西交差点を右折して府道138号線へ。

民家と畑と工場があちこちに見える。

このあたりは、一方通行や細い路地、そして工場へ続く専用の道路があるなど地味に

ややこしい。

以前、このあたりに趣味のツーリングで立ち寄った際も間違って、

どこかの工場へと向かう狭い道に入ってしまっていたことがある。

車で行っていたならバックして引き返すことも難しいような道だったので、

今回はそうならないようにしながら進むことができた。

さらに似たような道を進むと目的地周辺まで来ることができた。

 

6

 

 

 

 

 

もう間もなく工場だ。

ここから10分もしない内に到着し、事務所に入り書類を渡した。

事務所の人にも「この辺わかりにくかったでしょ?」と言われ、

少々談笑をした後にすぐに受領書をもらうことができた。

  • 集荷場所:大阪市淀川区
  • 配送先:大阪府高槻市
  • 配送所要時間:42分
  • 距離:15.3km
  • 配達料金:2295円(3295円⇒キャンペーン価格2295円)

 

関連記事