【岩倉駅-五条駅】1500円!

陶芸作品を展示会場へ納品代行輸送。

バイク便で陶芸品

今回の依頼は京都の陶芸作家からだ。

展示会に出品するための陶芸作品の制作を進めていたが、納得のいかない作品となっていたので

手直しを繰り返していたところ作品の必着日に間に合わなくなってしまったそうだ。

事務所を空けるわけにはいかず、当日配達してくれる業者を探したところバイク便が見つかったとのことだ。

 

岩倉駅で集荷を完了。

 

岩倉駅は京都の北側に位置しており、京都の中心街から大きく反れていることから観光客の姿はまばらだ。

静かな景色が広がる駅周辺で今回の依頼主である陶芸作家が工房を構えているようだ。

早速向かうことにした。

駅からしばらくバイクで進むと指定された住所に建物が見えてきた。

一見すると民家だ。

インターホンを押すと男性の声が聞こえた。バイク便で集荷に来た旨を伝えると開けてくれた。

 

どうやら自宅兼工房として利用しているらしく、納品するための陶芸作品が入った箱を置くから引っ張り出してきた。

クッション材を入れているが念のために運ぶ際は慎重にと念を押された。もちろん、

常に丁寧な配送を心がけているが、中身が割れ物となるといつも以上に緊張する。

トランクボックスに入れてバイクを発進させた。

 

まずは松ヶ崎駅方面へ進む。

 

京都は日本の伝統文化が詰まった街ということからか、陶芸職人が多いようで、

河原町方面には体験工房なども点在しているようだ。

今回の依頼主も、職人の一人のようだ。

岩倉駅を出てからは松ヶ崎駅方面へ向かうことにした。

周辺は静かな住宅街が続いており、大きな家が立ち並んでいる。

しばらく進んだ先も、まだ同じような景色が続いているため迷いそうになる。

なんとか抜け出して宝ヶ池通りに入る。

 

もともと、この辺りは山だったのか、すぐ横には木が生い茂っている。

そんな自然が溢れた京都の街の南下を続ける。

先には暗く長いトンネルがあった。たまに山奥にこうしたトンネルと出くわすが、ライトを点けているとは言え、

対向車があった場合が非常に見えづらくて怖いところだ。

今回も少々速度を落として慎重に進む。

宝ヶ池公園球技場の横を通り、ようやく松ヶ崎駅周辺まで出た。

 

347号線を南下して五条駅へ。

 

347号線に入ってからは五条まで一直線だ。

途中、同志社大学の横を通り過ぎて行く。

関西ではトップクラスの大学で有名だ。相変わらず大きなキャンパスが見える。

この辺りになると一気に交通量も増えており、周辺には車や他のバイクの姿も確認できた。

丸太町駅を過ぎたあたりで景色が変わった。道路の両脇にはビルが立ち並んでいる。どうやら京都のビジネス街のようだ。

この辺りになると信号の数も増えてきたため、何度か止まることになった。

 

しばらく直進を続けると人で賑わう場所に出てきた。烏丸駅周辺だ。

訪日外国人客の姿が多く見られる。やはり日本の文化が詰まっていることから、特に訪日旅行が初めての人々が訪れているそうだ。

ここまで来るともう間もなく五条駅だ。

狭い路地の両脇に2階建ての背の低い民家が立ち並ぶ景色はいかにも京都らしい。

車1台分がやっと通れるような道路を進んだ先で、配送先が見つかった。

早速、会場前で停車させて荷物を取り出す。

全国各地から応募されたであろう陶芸作品を展示会開催に向けて運び込みを行っている最中のようだ。

1人の従業員に声をかけて荷物を渡す。事務所に一旦戻ってから受領書を渡してくれた。

 

  • 集荷場所:京都市左京区
  • 配送先:京都市下京区
  • 配送所要時間:30分
  • 距離:10km
  • 配達料金:1500円(2500円⇒キャンペーン価格1500円)

 

関連記事

【大阪市淀川区-東大阪市】4110円!

vegetable-1582920_640

韓国料理屋での会議用書類の忘れ物をバイク便で即配達! 書類一つで結果が変わるならバイク便を使う価値はあるだろう。 今回ご依頼いただいたのは、某商社の営業部長で会議に使用する書類を昨夜に部下と立ち寄った新大阪駅近くの 韓国 […]

詳細を見る