【放出駅-門真市駅】1200円!

動画撮影時に使うユニフォームの配達代行。

ユニフォームで即配達

 

今回の依頼はユニフォームの配達代行の依頼だ。

とある門真市にある企業が放出駅周辺にあるユニフォーム制作を行っている会社に

オリジナルユニフォームの制作依頼をしていたのだが、ユニフォーム会社が訳あって

納品日に商品が出来上がることとなったそうだ。

そのため、至急、配達が必要なのでバイク便に依頼したとのことだ。

 

放出駅に商品の集荷に向かう。

 

大阪市鶴見区にある放出駅は大阪の中でも有名な読み方が難しい駅の一つだ。

知らない人が読むと「ほうしゅつ」と読んでしまいそうだが、正しくは「はなてん」だ。

この周辺には関西方面で深夜によくCMが流れている中古車センターの本部もある。

そんな駅前へ向かうためにバイクに乗り込んだ。

駅周辺は静かで、この近くにユニフォーム制作会社があるようだ。

駅から少し離れた場所にその工場兼事務所があった。

早速中に入ってみると、ユニフォームの打ち合わせをしている人と受付の奥で刺繍やプリントを行っている人の姿が見えた。

奥から女性が現れたので、バイク便で集荷に来た旨を伝えたところ、店の奥から箱を取り出してきた。

どうやらこれが今回の荷物のようだ。

できるだけ早く届けて欲しいと念を押された。早速トランクボックスに詰め込んで出発した。

 

東へ進み寝屋川を越える。

 

放出駅近くで集荷後、直ぐに東へ進んで寝屋川を越えるルートで向かうことにした。

住宅街に道路が伸びており、両脇には住宅が並んでいるという光景が続く。

この辺りは車の交通量が少なく通りやすいのが嬉しい。ただ、人が突然出てくる可能性が高いため注意して運転する必要がある。

少し進んだ先には、左手に年季の入った看板の自転車屋やスナックなどが見えた。こうした光景が懐かしさを感じさせる。

今はその多くが閉店しているようだ。

 

府道15号線を越えて中央環状線へ。

 

寝屋川沿いに進んでいく。府道15号線に入ってから交通量が増えた。

しばらく行くと河内三島西の交差点に出てきたので、左折して中央環状線に入る。

府道2号線を直進していく。

人の影が多くなってきた。

途中、門真市駅付近まで来たところで右折して行く。

 

門真市駅の配送先へ。

 

門真市駅周辺まで来たところで、10分ほど進んだ先に指定された住所にたどり着いた。

ビルの玄関前では何やら本格的なカメラ機材を使って何かを撮影している。

バイクを停車させてビルに入ろうとしたところを呼び止められた。

どうやら、その撮影のために立会いをしている人達が今回の配送先の会社の従業員のようだ。

ユニフォームの件を伝えると受領書をその場でもらうことができた。

今回の動画撮影で使うユニフォームのようだ。

荷物を受け取った人も安心したような表情を浮かべていた。

 

  • 集荷場所:大阪市鶴見区
  • 配送先:大阪府門真市
  • 配送所要時間:22分
  • 距離:8km
  • 配達料金:1200円(2200円⇒キャンペーン価格1200円)

 

関連記事